03-5493-1116 予約なしでいつでも受診可能です

ピロリ菌

ピロリ菌について

ピロリ菌

ピロリ菌は、胃の粘膜に住みつくことのある螺旋状の細菌です。慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの発症に深くかかわっており、胃がんの方にも多く見られます。特に50歳以上の年代で感染しているケースが目立っていますので、この年代の方は一度検査でピロリ菌の有無を確認しておくことをお勧めします。

当院で行えるピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査には、内視鏡を用いる方法と、用いない方法があります。当院では下記の各種検査方法に対応しており、患者さまの状態などを勘案して行なってまいります。

胃内視鏡検査によるピロリ菌検査

培養法
採取した胃粘膜をすり潰し、5~7日間かけて培養して調べる方法です。
迅速ウレアーゼ法
ピロリ菌に存在するウレアーゼという酵素が生成するアンモニアの有無から判定する方法です。
組織鏡検法
胃粘膜の組織をヘマトキシリン・エオジン染色やギムザ染色し、顕微鏡でピロリ菌の有無を観察する方法です。

内視鏡検査を用いないピロリ菌検査

尿素呼気試験
呼気に含まれる二酸化炭素の量を測定することにより、ピロリ菌が存在するか否かを測定するものです。
便中抗原測定
便を採取し、抗体の原因成分であるピロリ菌の有無を調べる方法です。
尿中抗体測定
尿検査によって、尿に含まれるピロリ菌の抗体の有無を診断する方法です。
血液検査
血液を採取し、ピロリ菌を排除するために生成された抗体の有無を調べる方法です。

ピロリ菌の除菌について

上記の検査によってピロリ菌が確認されたときは、除菌するための治療を行います。具体的には、胃酸の分泌を抑制する薬剤と、2種類の抗生剤を1週間ほど服用します。初回のピロリ菌除菌療法(一次除菌)を行ってから1~2か月後に判定し、ピロリ菌が生き残ってしまっているときは、再度、除菌(二次除菌)を行います。

なお、除菌に成功することによって胃がんなどのリスクは大幅に減少しますが、罹患率がゼロになるわけではありません。除菌後も、定期的に内視鏡検査などを受け、胃の状態をチェックしておくことが重要です。

一次除菌、二次除菌は保険診療にて治療ができます。二次除菌がうまくいかない場合、三次除菌もありますが、こちらは保険診療外(自費診療)となります。

JR京浜東北線【大森駅】東口より徒歩1分

〒143-0016 東京都大田区大森北1丁目2-2 福和ビル3階

03-5493-1116

院長
辻󠄀 雄一郎
診療科目
内科、消化器内科、内視鏡内科
:第1週土曜は休診となります
  休診日:木曜・第1土曜・日曜・祝日
※受付終了時間は18:15まで
日祝
9:00~12:00(外来)
14:00~16:00(内視鏡検査)
16:00~18:30(外来)
  • ネット予約受付中 | ご予約はこちらネット予約受付中 | ご予約はこちら
Page top