03-5493-1116 予約なしでいつでも受診可能です

アレルギー疾患

アレルギーとは

アレルギー疾患

人間には、もともと外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスを排除しようとする免疫機能が備わっています。しかし、何らかの要因によって、本来は無害であるはずの物質に対しても過剰に反応し、鼻水やくしゃみ、呼吸困難、皮膚のかゆみなどの症状を引き起こしてしまうことがあります。これがアレルギー反応です。

最近、こうした反応によるアレルギー疾患によって医療機関を受診される方が増えています。アレルギー性の疾患でお悩みの方は、お気軽に当院をご受診ください。

下記の症状の方はアレルギー科の受診を

  • 鼻の奥がムズムズする
  • 透明でさらさらした鼻水が流れ出てきた
  • くしゃみが止まらないことがある
  • 鼻づまりで息が苦しい
  • 喉がかゆい、イガイガする
  • 繰り返し咳が出る、呼吸が困難になる
  • 肌がピリピリする、痒くなる
  • 皮膚に紅斑や丘疹などの湿疹反応が起こった
  • 肌がかぶれることがある
  • 蕁麻疹が起こった
  • 目がかゆい、目に異物感がある
  • 耳の中がかゆい、ムズムズする
  • 血圧が急低下した、呼吸が乱れる
  • 全身の倦怠感がある
  • アナフィラキシーショックを引き起こした

など

代表的なアレルギー疾患

  • アレルギー性鼻炎・花粉症
  • 気管支喘息
  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎 など

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎には通年性と季節性があります。
通年性は、主に室内に住み着いているダニやカビ、ハウスダストなどが原因で起こります。一方、季節性のアレルギー性鼻炎としては、スギなどの花粉が原因で起こる花粉症が代表的であり、大人から子供まで、幅広い年齢層でお悩みの方が増えています。多くは目やのどに痒みなどの症状を伴います。

気管支喘息

気管支がアレルギーや様々な要因により炎症を起こしている状態で、これにより肺への空気の吸入および呼出が困難になるのが気管支喘息です。症状としては、咳、ヒューヒューゼーゼーという喘鳴、息切れがとくに夜から明け方にかけて起きたり、呼吸困難を認めます。また、ほこりや特定の抗原を吸い込むと息苦しさを感じる方もいます。
小児期から発症する方もいますが、成人後に発症して診断される方も意外に多くいます。

JR京浜東北線【大森駅】東口より徒歩1分

〒143-0016 東京都大田区大森北1丁目2-2 福和ビル3階

03-5493-1116

院長
辻󠄀 雄一郎
診療科目
内科、消化器内科、内視鏡内科
:第1週土曜は休診となります
  休診日:木曜・第1土曜・日曜・祝日
※受付終了時間は18:15まで
日祝
9:00~12:00(外来)
14:00~16:00(内視鏡検査)
16:00~18:30(外来)
  • ネット予約受付中 | ご予約はこちらネット予約受付中 | ご予約はこちら
Page top